動物に学ぶオナホのカムフラージュ法

 オナホールを購入して隠し場所に困るというのはよくある話です。色や形の目立つオナホールは家族に発見されるとびっくりされそうですよね。カムフラージュ系のオナホールもよく売られていますが、隠すためのポイントを整理してみました。

 

隠し場所のアイデアいろいろ

似たような物の中に置く。

 「木の葉を隠すなら森の中」という言葉は参考になります。上の写真は珊瑚と共生する熱帯魚ですが、色彩が目立つ熱帯魚も自分の身体と同系色の中では違和感なく背景に溶け込んでいますよね。当方はオナホだけで100体以上保有していますが、隠し場所を見破られたことは一度もありません。

たくさん並べる。

 実はテニスボールやウェットティッシュやポテトチップス(それぞれ円筒型ケース入り)をまとめ買いをして、その中に隠しています。つまり未開封の中に開封済み(オナホ入り)を紛れ込ませて保管しているのです。在庫がたくさんあっても怪しまれないものがいいですね。趣味がテニスという方にはテニスボールの円筒型ケースは特にオススメですね。バドミントンのシャトルケースもちょうどよいかもしれません。私はまとまった数量(カートン)で購入して、送られてきたダンボールごと保管に利用しています。

ありふれた物は最高の隠し場所

HOKAN
HOKAN

 缶ジュースに似せたHOKANという専用容器がアダルトショップで売られていました。オナホに限らずボトル入りローションやローターなどの収納にも良いです。
 前述の方法では段ボール箱に入ったたくさんの円筒ケースの中から目的のオナホを探し出すのはけっこう面倒くさいものです。そこで私はこのHOKANを6本購入しました。3本はダミーとして一般の小物入れに利用し、残り3本によく使うお気に入りのオナホとボトル入りローションを入れてその後ろに並べて保管しています。そして、晩酌で飲むための缶ビールもその周りに並べて棚に飾っています。たくさん並んでいるとそれだけでもカムフラージュできてしまうものですね。ただし残念なことにこのHOKANは既に生産中止となっており、そのうち店頭から消える運命にあります。

参照

 次の2件の「すぐにできるカムフラージュ」を後述します。

ボックスティッシュを使って簡単に自作できるカムフラージュ方法をお教えいたします。

「オナホの隠し箱」

  • 5個で作る大容量の隠し箱
  • 1個で作る簡易的な隠し箱

ポテトチップスの空き箱を利用した隠し方

プリングルスその他の6種類の円筒型空き箱について、収納可能なオナホの種類やメンテ用品の保管について整理しました。

とっさの隠しテクニック

便利収納グッズを使った緊急避難の方法を解説します。

 

おもちゃ袋
おもちゃ袋

普通っぽい袋に入れる

 普通のポーチとか文房具入れも意外と使えます。行きつけのネットショップでは各種サイズの玩具袋が売られていました。高額のオナホになるとけっこう大きかったりしますが、右の商品には特大サイズがあるので重宝しています。これ以外に、ラブドールが入る大きさの特大きんちゃく袋もあると便利な商品です。

 

 

分散させる

 万一見つかったときに処分されるリスクを防ぐため、一箇所にまとめないで分散保管すると良いです。それに女性に見られたときも1個だけなら「健康な男性だから」ですみますが、大量に出てきたらやはり変態扱いされますよね。

 

大型オナホールの隠し方

 大型オナホールは隠しにくいので、押入れや天袋などにダンボールで保管している方が多いと思われます。私の場合はめったに使わないものは天袋に厳重保管しますが、使用頻度が多いものは「収納付き椅子」の中に入れて保管しています。

 このタイプの椅子はホームセンターや通販で2千円前後で購入できます。大型オナホを使いたいときにすぐに取り出せるので便利です。私は開けられても大丈夫なように、オナホは中が見えないゴミ袋に入れて上にバスタオルなどを乗せておきます。来客にはこの椅子に座ってもらえば、絶対見つかりません。

 

持ち出すのに便利な入れ物について

 写真の工具箱ぐらいの大きさならハンディオナホはもちろんのこと、ちょっと大きめのトルソー型オナホとローションやティッシュ等々一切合財が余裕で入るサイズ。洗浄時の洗い桶にも使える大きさです。ぷにあなSPDXでもすじまん くぱぁ! ココロオンナノコの解体新書も当然入ります。取っ手が付いているので持ち運びしやすいですし、工具箱なのでカムフラージュにもなります。小物整理用の中蓋が付いているので万一誰かが開けてもばれ難いです。これに上記のトルソー型オナホを入れ、気軽に車載して山奥で一人カーセックスを楽しんでくることもあります。手持ちのオナホに合わせた大きさより少し大きめの工具箱を選ぶのがいいと思います。

 

カムフラージュ系のオナホール

 「え、これがオナホール?!」と思わず叫びたくなるような珍しい形のオナホールをまとめてみました。実用性よりもデザイン重視と思われるオナホールが多いですが、こういうのを集めるのが趣味というコレクターも多いのではないでしょうか。
 ばれやすいかどうかが重要なので私が付き合いのあるセフレに見てもらい、女性の目からの気づかれにくさでランキングしてもらいました。

 

グルーミン

グルーミン
 男性用の整髪剤ぐらいにしか見えないとのことです。

グルーミンを見る

 

TENGA 3D

TENGA 3D
 景品のオブジェに見えるとのこと。

TENGA 3Dを見る

 

バンビーナ(ホール)

バンビーナ(ホール)
 形が平凡だし書いてある言葉が英語だから、パッと見ただけでは絶対わからないとのことでした。「調味料を置くところにでも入れてみたら?」と言われました。

バンビーナ(ホール)を見る

 

ミライノオナニー

ミライノオナニー
 缶チュウハイだそうです。

ミライノオナニーを見る

 

GENMU Capsule(ゲンムカプセル)

GENMU Capsule(ゲンムカプセル)
 かわいい部屋に置けばバレにくいかもしれない。だけどここみたいに男くさい部屋の中だとかえって目立つのではないかと言われちゃいました。

GENMU Capsule(ゲンムカプセル)を見る

 

TENGAエッグ2012

TENGAエッグ2012
 「何これ卵みたい?欲しい!」ビジュアル的に気に入ったそうです。

TENGAエッグ2012を見る

 

双 -SOU-

双 -SOU-
 「字を読めばわかるよね!」とのことです。

双 -SOU-を見る

 

US・TENGA・ソフトチューブカップ

US・TENGA・ソフトチューブカップ
 見た瞬間「あ、この縞々の知ってる!」とのこと。TENGAはもはや、女性にも認知されてますね。

US・TENGA・ソフトチューブカップを見る

オナホールの隠し箱(自作マニュアル)

 「大容量のオナホ隠し箱」と「簡易なオナホ隠し箱」の作り方をそれぞれ解説します。

ボックスティッシュで「大容量の隠し箱」を作る方法

完成写真

 カムフラージュの方法としておススメしたいのは、ボックスティッシュでオナホの隠し箱を作ることです。ボックス入りのティッシュペーパーは5個一組でホームセンターなどで安売りされていますよね。あれはまとめ買いして自宅にあっても全然おかしくありません。

 まず紹介するのは5個一組のボックスティッシュによる作り方ですが、ボックス2個でも3個でも要領は同じです。ボックスティッシュ数個でも十分な容量のものが作れることでしょう。以下、私が実際にやっている「オナホの隠し箱」について解説します。製作時間は30分程度で簡単に作れますよ。しかも製作費用は格安です。

用意するもの
  • ボックスティッシュ(110mm×227mm×62mm:外形を実測)×5個セット
  • ⇒ビニールのパッケージ(包装)も使います。
    現存するまとめ売り商品の中で最も体積が大きい梱包商品と思われます。しかも業界シェア(知名度)が高いのでカムフラージュ向きでしょう。

  • カッター(ハサミもあると作業がしやすいです。)
  • 木工用ボンド
  • クリアテープ(箱の内部の仮止め・補強に使います。)

用意するもの一覧

 

パッケージの底の部分を切り取りティッシュボックスを取り出す。

 ビニールのパッケージ(包装)からボックスティッシュを取り出すところから始まります。パッケージは捨てずに取っておいて、カムフラージュ効果を高めるためオナホ隠し箱に被せて使います。なので丁寧に底の部分を切り取ってください。ちなみにパッケージで使うのは上の部分です。切り取った底部は使いません。
パッケージの底を切り取る

 

一番下のティッシュボックス(1段目)の上面を切り取る。

 下から1段目のボックス上面において、幅を5〜10mm枠状に残してカッターで切り取ります。この残した部分が2段目ボックスと接着する「糊シロ」となります。中身のティッシュペーパーは使いませんので取り出してください。大事なポイントは下面はそのまま使うのでいじらないこと。上面だけを加工してください。
1段目の加工

 

2段目・3段目の上面・下面を同様に切り取る。

 2段目ボックス・3段目ボックスは上下の両面とも、糊シロになる部分の幅を5〜10mm枠状に残して切り取ります。
2段目の加工
3段目の加工

 

最上部(5段目)のティッシュボックスの下面は切り離さない。

 最上部はフタになります。5段目が他のティッシュボックスと異なるのは、上面はそのままにして下面だけを加工することです。下面のうち3辺だけ切り取って1辺は切り落とさず糊シロとしてつながったままにしておきます。この糊シロは4段目とつなげられるように幅40mm程度の大きさに切ります。このベロ状に残した部分(糊シロ)をすぐ下の箱(4段目)の内面に貼り付けるわけです。
5段目の加工

被せシロ

 4段目の上に乗っかる接着させない部分(被せシロ)の幅は5〜10mm程度です。この被せシロを小さくとりすぎると隙間が見えやすいので、大きくとったほうが無難です。入れるオナホのサイズを考慮して決めてください。製作例(上写真)での被せシロは「ギリギリ小さくてもこれぐらいは必要」という限界で作ってみました。

 

4段目の糊シロと置きシロの切り取り

 4段目はフタ(5段目)がかぶさる部分なのでバランスを見るため最後に切るといいですね。4段目の下面(糊シロ)は3段目の上面(糊シロ)に合わせて切り取ります。そして4段目の上面は5段目の被せシロに合わせて「置きシロ」として切り取ります。4辺の置きシロのうち1辺は、5段目のベロ(糊シロ)を貼り付ける都合上1mm程度に小さくとります。大きいと貼り難くなります。1mm程度だとちょうど辺の角が形として残る感じに仕上がります。
4段目の加工

 

下から順番に貼り合わせていく。

 ティッシュボックスのコーナー同士をキッチリと合わせながら、それぞれの糊シロに木工用ボンドを塗って下の箱から順番に接着していきます。接合部を内部からクリアテープで仮止めすると動かないので作業しやすいです。仕上がった後の補強にもなるのでクリアテープは目いっぱい使っていいと思います。ガムテープではなくクリアテープを使うのはボンドが乾いたかどうか確認がしやすいからです。
貼り付けの途中

糊シロの貼り付け方

 4段目と5段目糊シロの接合が一番難しいですが、机の縁に置いて5段目ボックスを下に垂らせば邪魔にならず、糊シロ部分を指で押して圧を掛けられます。木工用ボンドがはみ出ても乾くと透明になります。乾かないうちなら多少の手直しはききます。
机の角を使う

 

仕上がり具合を確認

 箱のコーナー同士が揃うように平らな机の上で手直ししながら最終確認します。中身(ティッシュペーパー)がなくて軽いので、上の箱が下の箱より浮き上がりがちです。木工用ボンドが乾くまでの間、仕上がりを良くするため、変形しない程度に上から荷重を掛けておくとよいでしょう。
乾くまで圧を掛ける

 

完成!ビニールパッケージを掛けて・・・

 ボンドが乾いたら底部を切り取っておいたパッケージを被せてみます。もちろんパッケージを被せるかどうかは好みによりますが、私は被せる派です。例えばお客さんが訪れた際にティッシュが必要になったときパッケージが被せてあれば、「在庫と思われ手を出しにくい」という心理的な効果が期待できるからです。
完成写真

 

実際にオナホを入れてみると、こんな感じになります。

思っていた以上に大容量です。

名器の品格

 名器の品格はかなり大きなハンドホールですが、ちょうど1段目で済んでしまいました。
名器の品格収納

 

すじまん くぱぁ! ココロ

 すじまん くぱぁ! ココロのようなトルドー型もこのとおりです。パッケージごと保管できます。
すじまん くぱぁ! ココロ収納

 

オンナノコの解体新書

 オンナノコの解体新書は大型オナホールの一つに数えられます。オッパイが出っ張っているのでダメかと予想していたところ、ギリギリ入りますね。このように少々歪みが出ている場合は、歪みのない側を見せるように工夫して置けばいいかもしれません。もっとも、ビニールパッケージで覆えばほとんど目立ちませんが…。
オンナノコの解体新書収納

 

その他いろいろ入れても・・・

 まだ名前がありませんポクのおなぺっとUSB式簡易オナホウォーマホール専用ローション(黄金比率ブレンド)など一式入れてもこのとおり余裕で入ります。
いろいろ収納

 

ボックスティッシュ1個で簡易的に隠し箱をつくるには

 そんなに大掛かりでなくボックスティッシュを1個で済ませたい場合は下記をご覧ください。

用意するもの
  • ボックスティッシュ(116mm×227mm×50mm:外形を実測)×1個
  • 簡易的というテーマに徹するために、大容量隠し箱で使ったティッシュボックスよりも高さが小さいものを用いてみました。もちろんもっと大きなサイズで作っても問題ありません。
    TOPVALUすなわち全国展開の有名小売店の安売りブランド商品なので、どこにでもあるという意味でカムフラージュ効果が期待できると思われます。

  • ハサミ
  • マジックテープを切るのに使います。

  • 瞬間接着剤
  • マジックテープを確実に接着するには木工用ボンドでは無理でしょう。瞬間接着剤を使うと十分な強度に仕上がります。

  • マジックテープ
  • マジックテープ・ベロクロテープ等にはオス形とメス形があります。両方必要になるわけですが、今回はオスメスが表裏一体になっている「3M ワンタッチベルト 12.7mm×3m」という結束バンドを使いました。マジックテープは張り付きが強力なものほど取り出すときにティッシュボックスが傷むので、ほどほどなものを選びます。また張り付きが強いものほど厚みが大きいので、カムフラージュという点でも強力すぎずほどほどなものが良いです。

用意するもの一覧

 

ティッシュボックスの横面(片側のみ)を丁寧に開封する。

 ティッシュボックスの構造は厚紙を箱型に折って接着しているわけです。箱の横面(片側のみ)から接着面を剥がしてオナホールを入れられるようにします。当然ですが中身のティッシュペーパーは使わないので取り出してください。
ティッシュボックスを開封する。

 

マジックテープを貼る。

 展開した横面につき長い辺(上下)に沿って、瞬間接着剤でマジックテープを貼ります。マジックテープは長くしたほうがオスメスの圧着面が広く取れて上手く仕上がります。ただし外から見えない部分にのみ貼るようにしてください。
 なお、下記画像では被さるほうがオスで被せられるほうがメスになっておりますが、逆に使ってもかまいません。実例ではたまたま使ったメス形が白かったので、目立ちにくいように箱の白い面に使ってみました。
マジックテープを貼り付ける。

 

完成です。

 作業時間は10分ぐらいでした。オスメスの圧着具合もちょうどよく、外から見てわからないレベルに仕上がっています。
完成度のチェック

 

実際にオナホを入れてみると、こんな感じになります。

 まだ名前がありませんを入れてみることにします。ティッシュボックスの縦の長さ(227mm)はほとんどのオナホールよりも長いので、ティッシュボックスの高さ以内の直径のオナホであれば入るということになります。
オナホールとの寸法比較

 

ビニール袋に入れる理由

 このとおり余裕で入りました。ちなみにオナホを直に入れようとすると表面素材に粘着感があるため、滑りにくくて中々入りません。一旦ビニール袋に入れてから収納すると極めてスムーズに入ります。
オナホール収納

 

簡易隠し箱の欠点について

 上の写真では箱を縦にしてオナホを入れたため箱が膨らんでいるように見えますが、箱を横にしてオナホの形を伸ばしてやると最終的に歪みは無くなります。
 この隠し箱の欠点は開閉を繰り返すたびに出し入れ口が傷んでくることです。なるべく出し入れ口を見せないようにして保管したほうがよいでしょう。
隠し箱の欠点

 

 閉まりにくいときは入っているオナホの自重でマジックテープが密着するように机の上でトントンします。こういうことをしないといけないこと自体、「5個一組の大容量隠し箱」に比較すると完成度は落ちるわけですね。あくまでも”簡易”な隠し箱です。
隠し箱の欠点

 

ポテトチップスの空き箱を利用した隠し方

 同じ円筒型の箱といってもテニスボールやシャトルコックでは、「え、テニスやってるの?」という話題につながりやすいです。やっていないとバレる恐れがありますね。その点ポテトチップスの箱ならありふれていますのでバレる確率は低いものと思われます。コンビニでも売っている有名メーカー3社の大小それぞれの商品空き箱について、保管のしやすさ等々解説します。

構造の確認

内寸一覧
  • カルビーポテトチップス(クリスプ) うすしお味
  • Lサイズ:直径65mm×高さ225mm
    Sサイズ:直径65mm×高さ135mm

  • YBCチップスター うすしお味
  • Lサイズ:直径65mm×高さ220mm
    Sサイズ:直径65mm×高さ131mm

  • プリングルズ サワーオニオンクリーム
  • Lサイズ:直径65mm×高さ208mm
    Sサイズ:直径65mm×高さ115mm

オナホと並べてみるとこんな感じです。
6種類のポテトチップスの箱とオナホール2種

カルビーポテトチップス(クリスプ) うすしお味

 Lサイズは3社中で、最も容量が大きいです。材質はビニール樹脂のフタ以外は全て紙製です。中身のポテトチップスがアルミ袋でパッケージされています。フタを閉めると中身がわかられることはなさそうな構造です。

 

YBCチップスター うすしお味

 LサイズもSサイズもカルビーよりわずかに小さいぐらい。材質はフタを含めて全て紙製です。中身のポテトチップスがアルミ袋でパッケージされています。カルビーと同様でフタを閉めると中身がわかられることはなさそうな構造です。

 

プリングルズ サワーオニオンクリーム

 Lサイズ・Sサイズともに、3社中で最も容量が小さいです。ちなみに円筒の直径はどのメーカーも同一規格です。材質は底部がアルミ製なので強度があります。中身のポテトチップスが箱の中にそのまま入っています。つまり内側にアルミが張られて油対策が施されています。この点はオナホ向きですね。外側にかぶせるフタはビニール樹脂製。密封用の内側のフタは防油加工された樹脂製。他の部分の材質は紙製です。内側のフタがはがれると扱い難くなる半面、外側のフタを閉めると中身がわかられることはなさそうな構造です。

パッケージを開けると…

 

開封後、内側と外側のフタを閉めると…特に問題ありません。

 

オナホを入れてみる

Sサイズ

 各メーカーともポクのおなぺっと(右)が入る程度の大きさです。ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ(左)や まだ名前がありません は入りません。

 

Lサイズ

 名器の品格(右)のような大きいオナホは入りません。真実の口(中)とか すじまん くぱぁ! ココロ(左)のようなメリハリのある形の中型オナホは入りきりません。

 

 ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ(左)はギリギリ入ります。まだ名前がありません や ふわトロめいき はちょうど入るサイズです。どのポテトチップスメーカーの箱でも単体なら入りますが2個以上は入りませんね。

 

アダルトグッズの収納

 それぞれの円筒の前にあるものが「収納可能なアダルトグッズ」です。オナホだとポクのおなぺっと程度しか入らないSサイズの使い道ですが・・・、メンテナンス道具のカムフラージュになら使えます。

 

総評

 Lサイズであればどのメーカーのものでも使えることでしょう。強度で選ぶなら底が金属で耐油加工もしてあるプリングルズ。使い勝手なら大き目サイズでフタが合成樹脂製で剥がれることもないカルビーでしょうか。ポテチの空き箱がありあまっている方であれば、強度は重要でないのでカルビーが良いかもしれません。どのメーカーの箱が一番ありふれているかというとやはりプリングルズでしょうね。

 

緊急時のカムフラージュ対策

 平時の備えについて解説してきましたけれど、とっさの時のカムフラージュはどうすればよいのか取り上げてみたいと思います。

とりあえず突っ込んでおくのに便利な「特大きんちゃく袋」

特大きんちゃく袋
特大きんちゃく袋

 もっと手軽な「見つからない工夫」を考えておくと、いざというときに便利です。急な訪問者があって「とりあえず、どこかに突っ込んでおきたい」ってことあるじゃないですか。とりあえず押し入れに入れるにしても現物とかパッケージごととか剥き出しのまま入れるよりも、直接見られないように何かで包んでおけば最悪の事態は回避できる確率が高くなります。

 緊急時におススメなのがこの商品です。オナニーの際にはこれを2袋ほど手元に置いておくと対処しやすいですよ。PCの画面を消したりパンツを履いたりやることいっぱいありますから…。アダルトグッズはきんちゃく袋の中に入れて押し入れに放り込んで完了です。これが発売される前は緊急用にゴミ袋を使っていましたが、口を結ばないといけませんし布団類と一緒だと違和感がありました。きんちゃく袋なのでそのあたりの問題はクリアしています。

最速!包むだけ!「グッズマルチカバー」

 オナニー中に部屋を家族にノックされて慌てることってありませんか?チンポはパンツを履いて隠すにしてもオナホはどのように隠せばよいでしょうか。引き出しに入れるにしても布団に入れるにしてもローションでベチョベチョですし…。
 この商品は入口がゴムなので包むだけ!最速で対処できますよ。ハンドホールだけでなく大型オナホでも収納可能な不織布です。使い捨てタイプでコスパも良いので手軽に活用できます。袋に入れるよりもくるむほうが速いです。この商品が発売されて以来、わずか5秒で玩具隠しが完了するようになりました。
>>詳細